Work

かまわぬ

Lifestyle  

Date

2019.12

Client

KAMAWANU Co., Ltd.

OUTLINE

てぬぐいの「かまわぬ」のブランドサイトを制作しました。

ノングリッドでは、サイト制作におけるプロデュース、ディレクション、アートディレクションを担当するほか、ブランドのターゲットやコンセプト整理、Webを中心としたデジタルコミュニケーションのアドバイスも行ないました。

 

BACKGROUND

職人の手仕事によってつくられるてぬぐい。かまわぬは、創業以来てぬぐいを中心に日本の暮らしや文化を国内外に伝えています。

特に近年は、インバウンドや海外での販売に力を入れており、国内外の人にてぬぐいの魅力や日本文化を伝えるためのブランドサイトが必要でした。

かまわぬは、直営店の運営や国内外での卸販売、OEM生産など、幅広いビジネスを展開しています。

そのため、一般消費者からブランドのファン、取引先企業など、サイトのユーザーは多岐に渡ります。これらの幅広いユーザーのニーズを満たすこととブランドイメージの発信をクリエイティブ、コンテンツ整備、情報設計で実現させることが、ブランドサイトには必要でした。

 

IDEAS・PROCESS

特に欧米での販売を注力していることから、NY在住のアートディレクター軍司が海外の消費者の視点も考慮しながら、てぬぐいのある暮らしや職人のものづくりをビジュアル表現しました。

各ブランドの特徴や企業情報、問い合わせなど、スムーズに必要な情報が入手できるような情報設計に加え、てぬぐいのある暮らしのあり方を楽しく伝える特集コンテンツも用意しました。

サイトは日英2言語対応です。

またサイトのリニューアルに際して、ブランド全体のデジタルコミュニケーションについてもディスカッションしました。

プロジェクトはキックオフからローンチまで約6ヶ月、たくさんの議論を重ね、ブランドサイトを作り上げました。

 

RESULT

これまで英語サイトがなかったこともあり、ブランドサイトのリニューアル後は海外からの問い合わせを多数いただきました。

ブランドサイトのリニューアル後は、ECサイトの制作プロジェクトが継続しています。

「かまわぬオンラインストア」WORKSページはこちら。

サイトの情報設計を行う上で、各ブランドのコンセプトや特徴、ターゲット、関係性を整理しました。 てぬぐいのある日本の暮らしや長く伝わる職人のものづくりをビジュアルと親しみやすいテキストで伝えています。

特集記事の第一弾のテーマは、「エシカル」。今注目される「エシカル」について、てぬぐいを軸に考えてみました。 今後もノングリッドで企画・編集・制作を継続していきます。